検査と治療

  1. ホーム > 
  2. 検査と治療 > 
  3. スクリーニング検査とは
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Google+

スクリーニング検査とは

スクリーニング検査とは、検査機器(パルスオキシメータ)を指に装着して寝ることで、睡眠時における動脈血酸素飽和度(SpO2) と脈拍数を測定し、睡眠時無呼吸症候群の可能性を判定する簡易的な検査です。検査機関や病院に出向く必要はなく、ご自宅で簡単に測定ができます。

通常呼吸によってきちんと酸素が取り込まれていれば、SpO2は95%以上でこれが正常値ですが、SAS患者では90%以下にまで低下する人も少なくありません。検査にはリラックスした状態での連続した睡眠が4時間以上記録されることが必要です。

 

検査後、受診者さまのSAS傾向をA~Fの6段階で判定し、結果票を封書にてお届けします。

検査の結果、SASの疑いがある方(D、またはE判定の方)には、専門医の紹介状をあわせて同封しております。検査結果(封筒一式)を医療機関に提出し、精密検査、治療をお受けください。

 

※ 専門医が検査データの分析・評価・判定をしています。

※SpO2・・・血液中にどの程度の酸素が含まれているかを表します。

検査お申込み

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Google+