睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)はその名の通り、睡眠中に呼吸が止まってしまう病気です。通称「SAS」とも言われます。
医学的には、10秒以上気道の空気の流れが止まった状態を無呼吸とし、一晩(7時間の睡眠中)に無呼吸状態が30回以上、または1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸であると言えます。

睡眠時無呼吸症候群を知ろう

睡眠時無呼吸症候群と合併症

まずは自宅で手軽にスクリーニング検査

「自動車運送事業者における睡眠時無呼吸症候群対策マニュアル〜SAS対策の必要性と活用〜」について

平成27年8月27日、運輸業界において、SASスクリーニング検査が更に普及するとともに、適切な治療がなされることによって、「安全と健康」が一層向上するよう、国土交通省から関係団体あてに通知がなされました。
  • 体験レポートバナー
  • 検査お申込み
  • 病院一覧
  • まずは手軽にSASセルフチェック
  • 全日本トラック協会
  • jaf
ロゴ

グリーンとブルーの十字でおだやかな睡眠と交通安全を、SASの一字を左右反転させ左右対称構造にし、下から支える=支援する組織を表現しました。