そのいびき、病気かも?

  1. ホーム > 
  2. そのいびき、病気かも? > 
  3. いびきのメカニズム
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Google+

いびきのメカニズム

鼻から気管支あたりまでの空気の通り道は、上気道と呼ばれます。この上気道が何らかの原因で狭くなると吸った空気の流速がはやくなり、それによって生じる気道の粘膜などの振動音がいびきとなります。上気道の部位の中で特に軟口蓋が振動しやすく、ほとんどのいびきはこの部分が原因とされています。

もともと上気道には、空気を温めたりホコリなどを取り除いたりするために、狭い部分や凹凸の箇所があります。健常者でも仰向けに寝ると重力がかかる上、睡眠時は筋肉が弛緩しているので少し気道が狭くなります。普段いびきをかかない人でも、寝る前にお酒を飲んでいたり、風邪をひいていたり、疲れがたまっていたりすると、この筋肉の弛緩が大きくなり、いつもより上気道が狭くなっていびきをかくことがあります。

⇒「こんないびきは睡眠時無呼吸症候群(SAS)かも

⇒「検査費用について

⇒「睡眠時無呼吸症候群(SAS)の精密検査が受けられる病院一覧

検査お申込み

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Google+
  • 検査お申込み
  • そのいびき、病気かも?
  • まずは手軽にSASセルフチェック
  • 病院一覧
  • よくあるご質問
  • 全日本トラック協会
ロゴ

グリーンとブルーの十字でおだやかな睡眠と交通安全を、SASの一字を左右反転させ左右対称構造にし、下から支える=支援する組織を表現しました。