検査と治療

  1. ホーム > 
  2. 検査と治療 > 
  3. マウスピースによる治療
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Google+

マウスピースによる治療

SASの症状が比較的軽い人には、口腔内装具(マウスピース)による治療が行われることもあります。医療用のマウスピースをはめることによって下顎を前に出した状態を維持し、舌の位置を上げることによって気道を広げていびきや無呼吸を防ぎます。また、マウスピースをはめていると口呼吸ができないため、口呼吸から鼻呼吸へ習慣づけることにもなります。

マウスピースによる治療法は2004年から保険適用対象となり、約1万円〜2万円の自己負担となっています。(ただし、健康状態や体質により、適用できない場合があります。)

ここで使用されるマウスピースは、専門の歯科医によって一人一人の歯並びや顎の形に合わせて作成されるもので、ボクシングで装着するマウスピースや市販されているいびき防止グッズなどのものとは異なります。

※写真提供:三和デンタル
※当サイトでは医療機関のご紹介は行なっておりません。医療機関へのお問い合わせは個別にお願いいたします

⇒「病院一覧

検査お申込み

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Google+
  • 検査お申込み
  • そのいびき、病気かも?
  • まずは手軽にSASセルフチェック
  • 病院一覧
  • よくあるご質問
  • 全日本トラック協会
ロゴ

グリーンとブルーの十字でおだやかな睡眠と交通安全を、SASの一字を左右反転させ左右対称構造にし、下から支える=支援する組織を表現しました。