検査と治療

  1. ホーム > 
  2. 検査と治療 > 
  3. 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の精密検査
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Google+

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の精密検査

簡易的なスクリーニング検査で、SASの疑いがあるという診断結果となった場合、専門の医療機関にて精密検査を行い、SASであると確定すれば治療へと移行します。

精密検査では入院検査であるPSG検査(終夜睡眠ポリグラフ検査)を受けます。簡易検査では、睡眠中の呼吸状態を集中的に調べるため、眠りが深いのか浅いのかなど、睡眠の状態までは把握することができません。その点PSG検査では、体に種々のセンサーをつけて、脳波、心電図、口・鼻からの気流、胸部腹部の動き、動脈血の酸素量、いびきなどを細かく記録し、睡眠状態と呼吸状態を総合的に解析します。

 

この精密検査ではSASであるかどうかだけでなく、足の関節や膝の間などがむずむずした感覚に陥り、睡眠が妨げられる「むずむず足症候群」や「周期性四肢運動障害」など、他の睡眠障害の可能性も探ることができます。

⇒「検査費用について

⇒「睡眠時無呼吸症候群(SAS)の精密検査が受けられる病院一覧

検査お申込み

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Google+
  • 検査お申込み
  • そのいびき、病気かも?
  • まずは手軽にSASセルフチェック
  • 病院一覧
  • よくあるご質問
  • 全日本トラック協会
ロゴ

グリーンとブルーの十字でおだやかな睡眠と交通安全を、SASの一字を左右反転させ左右対称構造にし、下から支える=支援する組織を表現しました。