睡眠時無呼吸症候群の検査なら 医学博士平田 恭信 監修一般財団法人 運輸・交通SAS対策支援センター

03-3359-9010 平日9:00~17:00

睡眠時無呼吸症候群と健康のコラム

国内における取り組み

国土交通省の取り組み

2003年の山陽新幹線の事故を受けて、交通や運輸などの業界に対し、従業員への確認や調査を徹底するよう通知。マニュアルを作成し、日中の眠気をチエックするESS質問票と、いびきや呼吸に関してなど11項目にわたる質問票を配り、疑いがある場合は速やかに精密検査を受けるよう指示。
しかし職を失う恐れからきちんと回答しなかったり、SASを発症しているにもかかわらず日中の眠気を訴えない人々が少なくないことが判明し、国土交通省は2007年>6月、2015年8月にマニュアルを改訂。ESSのみに頼る手法を改め、スクリーニング検査を行うよう促している。

公益社団法人全日本トラック協会の取り組み

2005年からSASのスクリーニング検査費用の半額(約2,500円)を助成している。
各都道府県のトラック協会は独自の枠を設け事業者への負担軽減を実施した。

スクリーニング検査のお申し込み

関連コラム

PAGE TOP