• 健康起因事故のリスクを軽減 スクリーニング検査を通して、安全で健康な日々を

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん、Sleep apnea syndrome; SAS)とは、睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる疾患です。家族などの同居者がいない場合、特に自覚症状が弱い場合は誰にも発見されないため、その状態が徐々に悪化して深刻な問題を起こしてしまいます。たとえば、SASに起因する自動車の運転中の強い眠気は重大な事故に発展してしまう可能性もあります。

「自動車運送事業者における睡眠時無呼吸症候群対策マニュアル〜SAS対策の必要性と活用〜」について

平成27年8月27日、運輸業界において、SASスクリーニング検査が更に普及するとともに、適切な治療がなされることによって、「安全と健康」が一層向上するよう、国土交通省から関係団体あてに通知がなされました。