睡眠時無呼吸症候群とは

  1. ホーム > 
  2. 睡眠時無呼吸症候群とは

SAS(睡眠時無呼吸症候群)とは

寝不足?いつも眠いのは、いつもだるいのは… もしかしたら“無呼吸”
あなたの睡眠は大丈夫?ちゃんと眠れていますか

睡眠時無呼吸症候群( Sleep Apnea Syndrome )とは、睡眠中に舌が喉の奥に沈下することにより気道が塞がれ、睡眠中に何度も呼吸が止まったり、止まりかけたりする状態(睡眠呼吸障害)のために質の良い睡眠が取れず、日中の強い眠気や疲労感といった自覚症状を伴う疾患です。略して「SAS(サス)」とも呼ばれます。一般的特徴には大きないびきも挙げられます。
無呼吸とは、呼吸が10秒以上止まる状態のことを指し、それが一晩7時間の睡眠で30回以上、または1時間あたりに5回以上繰り返す状態が、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Google+
  • 検査お申込み
  • そのいびき、病気かも?
  • まずは手軽にSASセルフチェック
  • 病院一覧
  • よくあるご質問
  • 全日本トラック協会
ロゴ

グリーンとブルーの十字でおだやかな睡眠と交通安全を、SASの一字を左右反転させ左右対称構造にし、下から支える=支援する組織を表現しました。